ぶっちゃけ本当に副作用はないのか

産婦人科医と共同開発しているインクリア。

良い情報はたくさんあるけど、副作用は本当にないのか。

妊娠などにも悪影響があるといけないので、
ここはとても慎重になる人も多いと思います。

結論から言うと「副作用はありません」

もちろん、成分にアレルギーがある場合は別ですが、
まずアレルギーを引き起こす成分が配合されていません。

膣内を正常に保つために乳酸が含まれていますが、
ヨーグルトなど食べ物にも含まれています。

また精製水やグリセリンというのも化粧水に使われる成分で、
副作用の心配はないです。

薬ではないし、1日1本を目安ですが、オリモノや状態によっては
1日数本使っても問題はありません。

また洗い流したり、無理に排出させる必要もないので、
体内に残っていたとしても大丈夫!ということです。

病院で膣内洗浄は抵抗もあるし、安くはない。

ビデは良い物も洗浄してしまう。

そう言う点から考えても、インクリアが一番オススメなのです。

口コミなどでも即効性があって高評価なので、
それが不安要素になるかもしれませんが、
体内にある成分で膣内環境を正常化していくので安心です。

ダイエットや不規則な生活でも膣内環境は悪くなり、
ニオイやおりものが気になるようになります。

気になっている方は、ぜひ一度お試しください。

インクリアは妊娠中も使えるのか

妊娠中はおりものが増えたり、ニオイに敏感になったりするものですが、
インクリアは妊娠中も使えるのでしょうか。

基本的に口に入れても安全な優しい成分なので、
使えないというわけではありません。

インクリア自体、産婦人科医と共同開発しているものなので、
安全性は高いのですが、妊娠中は医師に相談しましょう。

悪影響があるわけではないので、産み分けにも使われたりしますが、
病気だとしたら、症状によっては治療した方が良い場合もあります。

ふだん産婦人科に行くのが抵抗があると言う人でも、
妊娠中は定期的に必ず行くことになるので、
何か気になることがあれば、担当医に聞くようにしましょう。

妊娠初期はおりものが多くなるなどの症状もあるので、
インクリアを使ってしまった!と不安になる人もいるかもしれませんが、
あまり神経質にならなくて大丈夫です。

薬でもないし、成分に問題もないので、
オリモノが多く不衛生なら、清潔に保つ最適な方法になります。

ただ、治療をせずになかなか改善ができなくて、
結果的に胎児に影響があったなんてことにならないように
インクリアの使用はもちろん、気になる症状は医師に相談してください。

医師がインクリアを妊娠中もOKと言えば、安心して使えるし、
そうでなくても、適切な方法を教えてくれるかもしれませんよ。

誰でも使えるインクリアの使用方法

インクリアの使用方法はとても簡単!

1.個別包装になっているので、容器を取り出す
2.先端のキャップを折って引き抜く
3.容器を5~8センチ程度膣に挿入する
4.ピストンを押して、ジェルを入れる
5.容器を抜く

タンポンを使ったことがある人なら、先端のキャップはないけど、
ピストンは同じなので、分かりやすいと思います。

ただタンポンが苦手だったり、膣内に挿入経験がないと不安で
力が入ってしまうことがあります。

変に力が入ると痛かったり、思うように入らない・・・
なんて失敗もあり得るので、リラックして使うようにしましょう。

トイレで座って使うと、お腹に力が入ってしまって
思うようにジェルが入っていかないなんてことも。

オススメのインクリアの使用方法として、横になったり、
立って少し片足をあげたりすると入れやすくなります。

容器は硬いですが細いし、中身もジェルなので痛みや違和感もありません。

またより効果を実感したいのなら、膣内からジェルを排出しないこと!

もちろん勝手に出てくるものは良いですが、自分で無理に出してしまうと
せっかくの成分効果を実感できなくなってしまいます。

出てきてしまうかも・・・と不安なら、
寝る前の習慣にして、おりものシートとかをつけておけば安心です。

インクリアの使用方法が不安な人は3本入りもあるので、
まずは試してみてくださいね。

ビックリ!インクリアで産み分け!?

インクリアで産み分けの話を聞いたこと、ありませんか?

不思議に感じるかもしれませんが、この秘密は「膣内」

産み分けで女の子が生まれる条件として
『膣内が酸性なこと』

食生活などを気遣って頑張っている人もいますが、
インクリアが産み分けに適しているのは
『PHバランスを正常(酸性)に保つことができるから』

まさに女の子の産み分け条件にピッタリなのです。

本来、膣内が正常な状態は酸性なので
ビデなどで洗い流している人もいるかもしれませんが、
実はこれは間違い!

ただ洗い流すだけでは、善玉菌まで洗い流してしまうので
PHバランスは正常化されません。

インクリアが産み分けに良いのは、ただの精製水ではなく、
乳酸配合だから。

しかも、優しい成分なので毎日使うことができるので、
妊活中に使い続けても安心です。

産婦人科医と共同開発している膣洗浄器なので、
安全性から、産み分けに愛用している人も多いと言えます。

膣内をアルカリ性にする男の子の産み分けよりも
酸性にする女の子の産み分けの方が比較的簡単です。

膣内を正常化すれば酸性になるのですから。

とはいえ、正常だと思っていても、ダイエットやストレス、
不規則な生活などでPHバランスは崩れてしまうので要注意!

男の子が良いなら、そんな乱れた時を狙うのが良いですが、
女の子ならインクリアを習慣にしましょう。

気になるインクリアの成分

毎日のデリケートケアに使えるインクリア。

膣内に入れるということで不安もあるかもしれませんが、
インクリアの成分は乳酸配合ジェル。

洗剤や薬ではなく、口に入れても安全!というくらいの成分で
作られています。

【配合成分】
・精製水
・グリセリン
・ヒドロキシエチルセルロース
・乳酸
・クエン酸ナトリウム
・パラオキシ安息香酸メチル
・エデト酸ニナトリウム
・ヒアルロン酸ナトリウム
ニオイが気になると、デリケートゾーンを専用の石鹸で洗ったり、
膣内を洗浄する人もいますが、膣内環境を悪化させると、
余計にニオイが強くなってしまう可能性があります。

ただ膣内を洗浄したら良いのではなく、
PHバランスを正常に保つことが『正しいケア』が重要!

インクリアの成分は「乳酸」がポイントで、
膣内環境の正常化をサポートする働きがあります。
ストレスやダイエット、不規則な生活で膣内環境が乱れると
おりものや生理不順、ニオイなどを引き起こします。

もともと膣内は酸性で保たれているのですが、
乳酸が減ってしまうとPHバランスが乱れてしまうので、
成分に乳酸を配合。

そして、ヒアルロン酸などの潤い成分も配合しているので、
デリケートゾーンの保湿ケアもできます。
ニオイ以外にもインクリアの成分は清潔に衛生面もケアするので
安心デリケートゾーンケアに最適です。